ホーム > 看護部紹介

看護部長挨拶

看護部長挨拶

 みなさんが看護をしていて、楽しいこと、嬉しいこと、やりがいって何でしょうか。私は、患者さんやご家族から「ありがとう」「今日会えて良かった」と言われた時にありがたいなと思います。そして、反対に元気づけられ、「よーし頑張るぞ!」という経験を幾度となく重ねてきました。患者さんにも、ご家族にも、共に働く看護職の皆にも、他職種の方々にも「ありがとう」の言葉を自然に言える職場にしたいと思っています。
佼成病院は、急性期・地域包括ケア・緩和ケアなど様々な病床を有するケアミックス病院です。人の誕生から看取りまで、地域住民の方の要望に応えられる医療を提供しています。新卒者はもちろん、経験者や復職者の方も積極的に採用しており、院内でのキャリアチェンジも可能です。
 2018年度より、JNAクリニカルラダーを導入し、スタッフ一人ひとりの個性・能力・夢を大切にキャリア支援をしています。経験を重ね後ろを振り返った時、これまで登ってきた人生の階段がキラキラ輝いて見える、そんな看護経験を一緒にしてみませんか。

佼成病院
看護部長 太田勝子

看護部理念

佼成病院看護部は本院の理念「真観」に基づき、看護活動を展開する。 その看護とは人々がよりよく生活できることを目的とし、深い知識に裏づけられた技術と判断を基にあらゆる健康レベルに応じた援助を提供する。そして人間性を尊重し、愛と慈しみの心でふれ合い、その実践を通して 自己の成長を目指すものである。

基本方針

  • 「人の誕生から看取りまで」有機的に活動し、地域医療に貢献します
  • 傾聴し、観察し、洞察し、愛と慈しみの心で看護を提供します
  • 人材育成に取り組み、個々の看護職員のキャリア開発を支援します

目標

1.看護の質の向上
  • 確実な看護技術に基づく安全・安心な看護の提供
  • 根拠に基づいた看護実践をし、記録を充実
  • 看護記録の充実
  • 教育の充実
2.チーム医療の推進
  • 患者に合わせた療養環境の調整
3.「人づくり」への積極的関与
  • 働きやすい職場環境づくり
  • 看護学校との連携

このページのトップへ