ホーム > 先輩リレーメッセージ

KOSEI にじいろナース

臨地実習指導者

花田 由美子さん

1

学生指導に対する信念

 指導する上で1番大切にしていることは、「看護師になりたい」と思う純粋な気持ちを壊さないように関わることです。
 自分が学生指導をするようになり「学生時代の経験や想いは看護師になる上で大切な基盤となる」ということを強く感じています。実習指導を通して看護の素晴らしさや、学生が「やっぱり看護師になりたい!」と自信を持てるような関わりを心掛け、学生1人1人の大切な基盤づくりが出来るようにしたいです。

2

学生指導をやっていてうれしかったこと

 学生にとって実習は心身ともにストレスフルな状況になりがちですが、そんな中でも目を輝かせて活き活きとした表情で実習している姿を見ると、とても嬉しい気持ちになります。

3

苦労したこと

 自分が学生だった頃の気持ちを忘れていないつもりでも、気づくと看護師目線で関わっていることがあります。学生が間違っていたとしても、「何故そのように考えたのか」を大切にしていきたいです。

4

学生へのメッセージ

 看護は他の専攻とは違い、実習など卒業するまでとても大変ですよね。だけどせっかく選んだ道ですから、途中で諦めずに是非看護師になってほしいです!学生生活は長いようですがあっという間に終わってしまうので、たくさん笑って存分に楽しんで下さいね。

このページのトップへ